忍者ブログ
日々ふと思うことを徒然なるままに書き綴る個人的エッセイあるいは回想録。
個人的に普段から心がけている「怒りに身を滅ぼさない」ための心得その2です。
 
あくまで“自分用”に考えてきた独自の心得ですし、“誰にでも・どんな怒りにでも”通用するものではないと思いますが、参考程度にご覧ください。
 
(項目が多くて長くなりそうなので、何回かに分けて書いています。)
 
「怒りっぽい人は嫌われる」ことを意識しよう
 
立場を逆にして考えれば分かることですが、すぐに怒る人間が身近にいると、面倒くさかったり、嫌だったりしますよね?
 
ちょっとしたことですぐに怒る人間を、わざわざ相手にしたいとは思わないですよね?
 
まして、怒りに任せて暴言を吐いたり乱暴なことをしたりする人間は、怖くて危険なので、近づきたいとさえ思わないのではないでしょうか。
 
そんな風に「怒りっぽい人間」は他人に嫌われ、避けられることになりやすいのです。
 
他人に対して怒りをぶつけると、その分だけ周囲から嫌われ、孤立に陥り、社会的にも不利になるリスクが高まります。
 
たとえその怒りに正当な理由があったとしても、人間には他人の心の中をのぞく能力はありませんから、周りの人間にそんな“動機”が見えるはずもありません。
 
ただ「怒って乱暴なことをしている」という“結果”が見えるだけです。
 
怒って何かに当たりたくなった時、そんな“他人の目”を意識してみれば、少しは気持ちが変わるのではないでしょうか。
 
あるいは、怒りに任せて行動する自分を、“自分を見つめる自分の目”で冷静に見つめ直してみてはいかがでしょうか。
 
「こんなことをしていたんじゃ、周囲に怖がられる」「嫌われる」――そのことを意識するだけでも、感情の爆発をある程度抑えることができるのではないでしょうか。
 
そしてそれは自分を孤立のリスクから遠ざけ、自分で自分の将来を守ることにつながるのです。
 
ただ、普段から人目を気にし過ぎて被害妄想に陥りがちな方には、この方法はあまりオススメできないかも知れません…。
 
「周りに嫌われているかも知れない」という過剰な自意識が、余計に神経を尖らせ、怒りを増幅させてしまうかも知れませんので…。
 
「お互い様」の意識を持つ
 
他人のミスや失敗にイラつき怒りを覚えた時、「自分も過去に似たようなミスをしたことがあるのにそれを棚に上げている」ということがありませんか?
 
あるいは“同じような”失敗はなかったとしても、何らかの形で他人に迷惑をかけた経験はありませんか?
 
社会の中にいる以上、人間は何らかの形で他人の手をわずらわせるものだと思います。
 
しかし、自分が相手にかけた迷惑や手間は意識していないのに、他人からかけられた迷惑や手間はよく目について気にさわる――そんなタイプの人間が「怒りっぽさ」を生んでいるのではないでしょうか。
 
他人に対してイラッとした時、過去に自分が犯した失敗や、他人にかけた迷惑をふと思い出して「ああ、お互い様だな」と思うことができたなら、怒りを抑えることができるのではないでしょうか。
 
「ささいなミスや失敗さえ許さない」という不寛容さが社会に蔓延すれば、それは「いつかの将来に自分が犯すミスや失敗も一切許されない」ということになります。
 
それは自分で自分の首を締める行為でしかありません。
 
相手のミスや失敗に対し寛容であるということは、今目の前にいる相手のためだけではなく、将来の自分のためにもなることなのです。
 
幸せに対する感受性を高める
 
社会をざっと見て個人的に感じたことですが、怒りっぽいタイプの人間の中には「自分が世の中で報われていない」「自分の人生は不幸だ」と思っている人間が多いような気がします。
 
幸せになれない、報われない世の中自体に怒りを感じ、それがその社会に属するひとりひとりの人間にも向いてしまっている…そんな気がするのです。
 
そんな時にふと思うのが「報われるって、具体的にどういうことを言うのだろう」「世の中、幸せの基準が上がり過ぎていないだろうか」ということです。
 
今の世の中は情報にあふれていますので「上の生活」を知る機会も多いと思います。
 
贅沢な衣食住、他人からの「いいね」がたくさんもらえる人生……。
 
そんな“良い人生”を送っている他人と自分を比べて、「自分だって頑張ってるのに、どうして報われないんだろう」と思っている人も多いのではないかと思います。
 
ただ…果たしてその人は、本当に“報われていない”のでしょうか?
 
うらやましがっているその人生は、本当にうらやましがるほど価値のある良いものなのでしょうか?
 
自分は、お金のたくさんある暮らしを本気でうらやましいと思ったことは、ほとんどありません。
 
「こんな暮らしができたらなー」と夢想することはあっても、想像力があり過ぎるせいか、大概は“想像するだけ”で満足してしまいますし、実際にその生活を送った場合のデメリットやリスク(「維持費がかかるんだろうなー」とか「固定資産税いくら取られるんだろうなー」とか「防犯対策をしっかりしないと危険だよなー」等々…)まで同時に想像してしまうので、そもそもあまり「うらやましい」という気が起きないのかも知れません。
 
それに自分の好きなものは大概「お金で買えないものばかり」――逆に言えば「お金がなくても手に入るものばかり」なので、そんな「自分の好きなもの」「自分にとっての幸せ」を集めるのに夢中になってしまい、他人の生活をうらやましがっている暇がないのです。
 
たとえば、どんなにお金を持っていても、偶然虹に出逢える確率を上げることはできません。
 
夕暮れ時の空が金色に光っているのを見て「綺麗だなー」と感動することに、お金は必要ありません。
 
どんな高級な毛皮に身を包むより、うちの猫の背中に顔をうずめてモフモフする方が幸せだと思っています。
 
それに、今こうして生きて普通に生活できているということが、どれほど幸せなのかということを知っています。
 
自分が「報われていない」「幸せじゃない」と感じている人の中には、そんな身近にある当たり前でささやかな幸せたちを見失ってしまっている人が多いのではないかと思うのです。
 
人の欲には限りがなく、上を望めばきりがありません。
 
きっとどんなにお金を持っていても、それよりさらにもっと上の生活を夢見て「自分は報われていない」と思っている人はいるのではないでしょうか。
 
自分を幸せにできるかどうかは、どんな財産を持っているかではなく「幸せを感じ取る感受性」にかかっていると、自分は思います。
 
どんなに貧しくても、不運な環境にあっても、心の持ち方ひとつで幸せになることはできます。
 
そしてそんな風に日々幸せを感じて生きることができたなら、他人に対して怒りを持つことも少なくなるような気がするのです。
 
関連記事>「幸せは心の持ちよう」の具体例|“ささやかな幸せ”を貯蓄する


関連記事>怒りの感情のコントロール方法(その1)(その3)
PR
ブログ内検索
管理人プロフィール
【HN(ハンドル・ネーム)】
津籠睦月(つごもりむつき)
【職業】
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
【趣味】
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
【好きな小説ジャンル】
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
【備考】
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

忍者カウンター
参加ランキング
相互RSS
P R
忍者ブログ [PR]