忍者ブログ
日々ふと思うことを徒然なるままに書き綴る個人的エッセイあるいは回想録。
良きリーダーとは、一体どういう人間なのか?
 
それは、ただ単純に清廉潔白で何の汚点も無く、人々からの好感度が高いというだけでは駄目なのかも知れない…そんなことを、最近よく思います。
 
平常時なら、ただ立派な人格者であるというだけで充分なのかも知れません。
 
しかし、緊急事態に陥った時、果たして最善の判断を下せるのか…
 
リーダーたる者「いざという時に、その組織に属する人々の命を守れるのかどうか」が、何より必要な資質なのかも知れない、と。
 
前例の無い危機に陥った時、リーダーは「前例の無い」判断を求められます。
 
しかも緊急時というものは大概の場合「時間が無い」ので、即断即決を求められます。
 
優柔不断に迷っていれば、その分だけ事態は悪化し、最悪の場合には人命が損なわれていきます。
 
「決断」を下すために必要なのは、柔軟な思考力冷静な判断力、そして「覚悟」なのだと思います。
 
未来を100%正確に予測する術など無く、「判断」には常に失敗のリスクがついて回ります。
 
それでもリーダーは決断を下さなければなりません。
 
リーダー以外の誰も、決断を下せる人間がいないからです。
 
「何かして失敗するよりも、何もしない方がいい」というのは人間ならば自然に出てくる心理かと思いますし、何かと理由をつけては結論を先延ばしにしたくもなるでしょう。
 
それでも、時間が経てば経つほどに、取り返しがつかないほどに事態が悪化していくのが、緊急事態というものなのではないでしょうか。
 
リーダーは、ただ単にその組織のトップというだけでなく、その組織に属する人間の命に対する責任を負っている――そのことを、最近よく意識するようになりました。
 
そして、それを考えるほどに、より「リーダーを選ぶこと」の難しさを思い知らされます。
 
人格だけを見て人を選べば能力が足りない可能性があり、逆に実績だけで選べば汚職で金を無駄遣いすることがある…
 
元々選挙などでも候補者の人間性の全てを分かった上で票を投じられているわけではありませんし、就職活動にしても、経営者の人となりを知って会社を選んできたわけではありません。
 
それでも「いざという時」、自分の命がリーダーの判断次第で左右されてしまいかねないという事実は変わらないのです。
 
理想は、能力も人格も兼ね備えたリーダーが世の中にたくさん出て来てくれることなのですが…
 
そのためにはおそらく、そういうリーダーがたくさん輩出されるように、日本の教育自体を見直していかなければならないのかも知れません。
 
現状ではおそらく「人の上に立ちたい」と考えている人間自体が少なかったり、あるいは、「人の上に立ちたい」気持ちはあっても「人の命や人生を預かる覚悟や責任感」を育てられていない人間が多かったりする気がしてならないので…。
PR
ブログ内検索
管理人プロフィール
【HN(ハンドル・ネーム)】
津籠睦月(つごもりむつき)
【職業】
社会人(毎日PCを使う仕事。残業も休日出勤も普通にあります。)
【趣味】
小説・HP制作、読書、猫と遊ぶこと。
【好きな小説ジャンル】
ファンタジー、冒険、恋愛、青春、推理、濃い人間ドラマの展開するモノ。
【備考】
漢検2級(準1以上は未受験)。国語の最高偏差値80(高2時点)。
ブログ更新&チェックについて。

このブログは管理人に時間の余裕がある時にちょこっとずつ更新していく予定ですので、更新やチェックの頻度はおそらく数週間に1回~下手をすると1ヶ月以上の間が空いてしまう可能性も…。
もし更新が滞ったても「あぁ、仕事が忙し過ぎて時間が無いんだな」と気長にお待ちいただければ幸いです。

忍者カウンター
参加ランキング
相互RSS
P R
忍者ブログ [PR]